発達障害をカミングアウトするメリットはある?リスクを覚悟すれば大丈夫かもね

発達障害をカミングアウトするメリットはある?

自閉症を武器に前向きに生きるライターの城です。

僕は基本的に自分の症状について、安易にカミングアウトするべきではないと考えています。

それは、「カミングアウトしちゃだめ?発達障害を受け入れられる人を見極める3つの条件とは」と言う記事で触れました。

ただ、じゃあ絶対にカミングアウトしちゃダメなのかと言うとそんなことはありません。

カミングアウトした方がいい場合もあります。

そして中には全力でカミングアウトしている人もいます。

先日この記事をアップしたときに、こんな言葉をいただきました。

僕個人としては最初に書いた通り、全力でカミングアウトするのはおすすめしていません。

とは言うものの六角人さんの言うように、一切隠さずにいた場合にもメリットが全くないわけではありません。

ただしそれはハイリスクハイリターンな方法だと思っています。

今回は全力でフルオープンにするメリットと、そのリスクについてお伝えしたいと思います。

今回の記事は「カミングアウトしちゃだめ?発達障害を受け入れられる人を見極める3つの条件とは」に書いてある、3つの条件を前提に話を進めます。

もしよくわからないと言う人は、先にこっちを読んでくださいね。

ちなみに3つの条件は以下の通りです。

発達障害を受け入れられる人を見極める3つの条件

 

でははじめましょー。

スポンサーリンク

発達障害をオープンにする3つのメリット

全力でフルオープンにするメリットは3つあります。

  1. 付き合う人をふるいにかけることができる
  2. 余計な気を使わずに済みストレスフリー
  3. 人を見ていちいち判断しなくていい
発達障害をオープンにする3つのメリット

 

メリット①:付き合う人をふるいにかけることができる

発達障害をオープンにすると、自分と関係を築ける人をふるいにかけることができます。


なぜなら、「3つの条件」を満たさない人はその人から離れていくからです。

そしてそこで残る人は、「3つの条件」を満たす人が残りやすくなります。

発達障害の特性、特に僕みたいに自閉症の傾向を持つ人にとって、人とコミュニケーションを取るのは案外エネルギーが必要です。

そんな僕のような人は、「3つの条件を満たさない人」と関わるのは正直煩わしいと思うこともあります。

おそらく勝手に離れていくか、僕の方から関係を断つので無駄だなと思うことがあります。

そういった労力から解放されるのはメリットの一つです。

 

メリット②:余計な気を使わずに済みストレスフリー

発達障害をオープンにすることで、余計な気を使わずに済み、ストレスが軽減されるようになります。

自分にとって必要のない人間の多くは、放っておいても去っていきますから。

そうしていると、周りには自分の特性や症状のことを理解して残っている人が残るようになります。

発達障害を隠す場合、知られないために特性をできるだけ隠して接しよう、なんてことを余儀なくされることがすごく多いです。

また、こうして本心を隠すことで「本心を知ったら、みんな離れてしまうんじゃないか」と言う思いにとらわれることもありえます。(僕のことです)

そうした意味では、完全にオープンにしなくても信頼できる誰かにだけは話しておく、と言うことはとても大事かもしれません。

 

メリット③:人を見ていちいち判断しなくていい

発達障害のことをオープンにすることで、人を見て判断する必要がなくなります。

発達障害のことを極力カミングアウトしない選択肢を選んだ場合、会う人ごとにどういった人なのか判断することが必要なスキルになります。

僕自身はその人がどんな人なのか分析するのが嫌いではないので、あまり苦ではありませんが、そういったことが苦手な人も中にはいます。

そういった分析が苦手な人はあえてオープンにすることで、そういった判断を相手に委ねることができます。(ちょっとずるいですが)

 

発達障害をオープンにする3つのデメリット

ただし発達障害を全く隠さずにいることはデメリットが生じることもあります。

  1. 孤立する可能性がある
  2. 敵が増える可能性がある
  3. 孤立しないための最低限の人間力が必要
発達障害をオープンにする3つのデメリット

オープンにするかどうかはこのデメリットを受け入れられるかどうか、考えても遅くはありません。

じゃあどう言うことかもう少し詳しく見ていきましょう。

 

デメリット①:孤立する可能性がある

発達障害をオープンにすると、人が離れていき、最悪の場合孤立する可能性があります。

3つの条件を満たしていなくても、その人と昔から信頼関係が築けている場合には残ってくれることはます。

「でも城は城でしょ」と言う風に。(そんな友達がいることが本当にありがたいです、ありがとう)

ただし、信頼関係を築けていると思い込んでいて、実際はそうではなかったと言う場合もあるため注意しましょう。

オープンにしていると、そうした人間関係のごまかしがきかなくなります。

自分がこれまで築いてきた関係がどういったものなのか、白日のもとにさらされるので、オープンにしたい人はまずこのことを覚悟しておきましょう。

 

デメリット②:敵が増える可能性がある

発達障害のことをオープンにすると、敵が増える可能性があります。

と言うのも、発達障害のことを隠さなくなると、普段の振る舞いで反感をかいやすくなるからです。

隠している間は、発達障害の特性や傾向を抑えて人と接するため、人によっては「発達障害なのかわからない」と言うほど、特性を隠すことができる人もいます。

(僕は比較的軽度なので、ある程度までは意図的に隠すことができます。)

発達障害の特性を隠さずにいると、「自分と価値観が違う人を認められない人」から反発されやすいです。

またそういった人の中でも、「発達障害の人は生きている価値がない」なんてことを考える心無い人から傷つけられる可能性もあります。

敵と関わらない工夫や、敵に襲われても戦える状態にはしておかなければいけなくなります。

 

デメリット③:孤立しないための最低限の人間力が必要

発達障害のことをオープンにするのであれば、信頼関係を築ける人間力が必要です。

約束を守るとか、信頼に応えるとか、誠実さとか、そういったものが求められます。

「3つの条件」を満たしておく、またはそれを目指す姿勢もあった方がよいです。

しつこいですが、3つの条件がわからない場合は「」を読んでください。

こういったことを最初できていなくて、人の信頼を傷つけたことがある場合、孤立しやすくなります。

そうして失われた信頼を取り戻すためには、継続して積み重ねしていくことが必要になります。

これが結構大変です。

こうした努力が辛い人もいるでしょうが、発達障害のことをオープンにするのであれば回避できません。

 

スポンサーリンク

リスクを乗り越える勇気があれば、発達障害をオープンにしてみよう

今回は発達障害をオープンにするメリットと、オープンにすることで負ってしまうデメリットをお伝えしました。

具体的にはこんな感じでしたね。

発達障害をオープンにする3つのメリット 発達障害をオープンにする3つのデメリット

と言うわけで、発達障害をオープンにして生きていくためには、それなりの覚悟が必要です。

また、敵を作ってしまうことはあっても、むやみに敵を作らない工夫も必要かもしれません。

デメリットを覚悟してでも、煩わしい人間関係から解放されたい人であれば、オープンにするのは有りだと思います。

どちらにしても、自分に後悔ない選択ができるといいですね。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です