発達障害の生活=クソゲー。RPGに例えて当事者が解説するよ。

スポンサードリンク



f:id:y-j-etoile:20170627204648j:image

こんにちは。ライターのじょーです。

 

「発達障害」ってわかりにくい言葉ですよね。

 

ADHDも自閉症もLDも、同じようで全然違う。普通の人にどう違うのか伝えるのはすごく難しい。例え同じ診断でも一人一人まるで本当に全然違います。

 

同じ日本語を使う人でも、発達障害の世界には自分の常識の外にある異文化があります。

 

なぜ周りの人ができることができないのか?

 

なんでいくら説明してもできるようにならないのか?

 

なんでなかなか成長しないのか?

 

僕が大好きなRPGに例えて解説してみようかと思います。

周りは戦士なのに自分だけ魔法使い。

 

「発達障害」の人がそうじゃない人に囲まれている状態は、例えていうなら周りがみんな戦士だらけの世界なのに自分だけ魔法使いだった、という状態です。

 

でも、戦士なんだから殴って敵を倒せと言われます。本当は違うのに。

 

周りの戦士が当たり前に覚えているスキルでも、魔法使いだったら使えません

 

でも、自分が魔法使いだと気づいていない人はできると思って殴りかかろうとしちゃうんですよね

 

そうすると攻撃力は低いし、使える特技は全然違うしでうまくいかない。

 

だから、成果に天と地の差ができてしまう。

 

じゃあ、自分が魔法使いだとわかれば解決するかと言われると、そういうわけじゃないのが厄介なところなんです。

 

でもそこで苦しんでいる人は自分と周りの感覚が違うことに気づかない限り前に一歩も進めなくなっちゃう場合もあります。

 

 

発達障害だとわかっても解決しない理由

 

さっきも書きましたが、仮に自分が魔法使いだとわかったところで解決はしません

 

そこに気づかないで苦しむ人もたくさんいますが、気づいたからと言って終わりではないんです。むしろここからが本番、試行錯誤してうまくいかないということを繰り返す本当の地獄の始まりです。

 

 

理由その①初期ステータスが凸凹でゲームバランスが悪い。

 

周りの初期ステータスが平均50くらいで落ち着いているのに対して、発達障害の人のステータスは基本的に凸凹が極端です

 

そうじゃない人でも多少の得意不得意はあると思いますが、発達障害の人の場合はより極端です。

 

時には発達障害の人でも、実はとんでもない魔法を覚えている人もいなくはないでしょう。

 

ですが、攻撃力めちゃ高いのにHPが3くらいしかないとか、とんでもない魔法を覚えていてもMPが0で使えないとかそんな話になるわけです。

 

 

いや、どうやって戦うんだよみたいな話になるわけです。

 

経験値を積んでレベルを上げれば、戦えるようになるかもしれません。

 

理解してフォローしてくれる仲間がいれば活躍の場がある場合もあります。

 

ですが、一人で躓いていると最初の町から進めない可能性だってあります。そのくらいゲームバランスが悪いゲームのイメージです。

 

何回もスライムにボコボコにされるわけです。自分はめちゃくちゃ苦労しているのに、周りはサクサク倒してる。

 

次の町に進むのに他の人と攻略スピードが全然違うのに嫌気がさすわけですよね。

 

 

理由その② 一人一人特性が違う。だから自分だけの魔法を自分で探すしかない。

 

自分が魔法使いだとわかったからって解決しないもう一つの理由があります。

 

自分が使える魔法を教えてくれる人が少ないからです。

 

例えば同じ「自閉症」という括りの魔法使いであったとしても、使える魔法もステータスも一人一人全然別だということです。

 

まず自分のステータスや将来どうやって育てていくのが正解なのか、攻略の参考になる前例がめちゃくちゃ少ないんです。

 

アドバイスしてくれる先人は決して多くありません。だから試行錯誤が求められます。

 

めちゃくちゃ苦労して経験値を積んでも実は「魔法使い」より、「僧侶」として進んだ方がよかったのかもしれないということがわかるだけという可能性もあります。

 

普通の人にも同じことはもちろん言えます。ですが、前に話したように攻略スピードが全然違うから選択ミスの代償が大きくなってしまうのが辛いところです。

 

クソゲーをクリアするためにできること

ここまで、いかに苦労をするのかということを書いてきたのですが、じゃあ発達障害の人がやるべきことはものすごく単純です。

  1. 自分の武器を見つけること、武器を活かすために行動すること
  2. 理解してくれる人と仲間になること

この二つがあればできることが大きく広がります。

 

書きだすと単純ですが、実行は簡単ではありません。人よりも膨大な失敗を積み重ねることになるからです。

 

①:自分の武器を見つける、生かす方法を探す

 

自分の武器が見つかっていない当事者の場合は、色んなことを試してみることをおすすめします。もちろんうまくいかないことが多いです。

 

その結果を自分で分析して、行動して、試行錯誤を繰り返してみて下さい。

 

乱暴な言い方に聞こえるかもしれませんが、結局うまくいく可能性なんて「やってみる以外ないです。これは僕が悩んで悩んで出した結論です。

 

スラムダンクの安西先生も言っていますが、「諦めたらそこで試合終了です」

 

人生という試合の場合、名言というよりただの事実だなあと思っています。

 

そうはいっても正直、スライムにボコボコにされ続けて、戦うのが嫌になっている人もいます。

 

もうあきらめてしまったほうが楽だという人もいます。僕自身嫌になりかけていましたし、それを否定する気はありません。

 

だからもし、そういう人が身近にいるなら、無理に励ますより、そばにいてあげてください。

 

何もできなくてそばにいるのはもどかしいかもしれません。

 

ただ、否定され続けている人にとって、そばにいる人がいるだけで救われることがあります。

 

 

②仲間を見つける

 

自分の特性が見えてきたら、次の段階です。その為に必要な仲間を探してみて下さい。仕事で見つけられるのが理想ですが、そう簡単でもありません。

 

理解されなくて傷つくこともあります。ゆっくりでも理解されそうにない人がわかってきます。ここでも大事なのが試行錯誤です。焦らず見つけていきましょう

 

自分を救えるのは自分だけ。

 

結局どれほど、悩んでも当事者として苦しんでいる人を本当の意味で助け出せるのはその本人だけです。

 

手を差し出すことはできても、それ以上のことはできません。

 

僕自身もそう。誰かに助けを求めたくなっても、最後は自分で立たないと絶対にダメだと気づきました。もちろん傷つくこともあるし、失敗することもあります。

 

それでも、僕はこのクソゲーの中で自分だけの魔法を覚えて生きていけるようになりたい。あるかどうかなんてぶっちゃけわかりません。

 

ですが、そこで見つけられたらすごい楽しいし、すげーだろ「ドヤ」って言いたいんです。僕の場合はそれを原動力にして進んでいます。

 

 

当事者の人が「じゃあ僕も探してみようかな」という気持ちになったら僕としてはすごくうれしいです。

 

発達障害じゃない人はイメージだけでも掴んでくれたら嬉しいです。もう少し言うなら、その苦しみのイメージだけでも理解してサポートしてくれたら嬉しいと思います。

 

※後日、くまざわさんにこの記事をより丁寧に補足して紹介していただきました。

 

僕が伝えきれていないことや気づいていないことも書いてあるので、ぜひ読んでみて下さい! 感謝です!

 

ではでは!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です