発達障害は生き辛い。でも幸せになれないわけじゃないよ。

自閉を武器に明るく生きるライターのじょーです。

自分たちが生きやすくなるように社会の方が変わるべきだ、という人がいます。

自分たちが何を頑張ってもしょうがないんだ、と考えてしまう人がいます。

言いたいことも気持ちもわかります。でも僕はそういう考えに凄くもやもやしています。

確かに発達障害の人が働くうえで配慮は必要だし、社会に改善の余地が多くあるのも事実だと思います。

そうしないと生きていけない人もいるでしょう。

文句の一つくらい言いたくもなるでしょう。

それでもいい。でも一つだけいいたいことがあります。

いくら社会に文句を言っても、「行動」しない限り受け入れられることはありえないということです。

今回は、

  • 発達障害の当事者が決断しないといけないこと
  • まずは行動することから
  • 「愛される」努力が大事

ということについてお伝えします。

スポンサーリンク

発達障害の当事者が決断しなければいけないこと

発達障害の当事者として生きる人が決断しなければいけないことがあります。

  • 現状に逆らい「やりたいこと」に挑むのか
  • 現状を受け入れ諦めるか

のどちらかをです。

僕は会社員を4年近く続けてきましたが、うまくいかない日々を過ごしてきました。

人が当たり前にできることができず、その結果周りから思うようには評価されてきませんでした。

でも周りの人間から受け入れてほしいと思っていました。

だから自分を殺して、周りに受け入れられるように心がけてきました。

ですが、それは思うような結果を生みませんでした。

それでも「わがまま」だと言われたり、言われたことをきちんとできないと言われ思い悩む日々でした。

自分なりに「できること」を模索していましたが、4年間でその成果が出なかったわけではないのですが、根本から評価を覆すには至りませんでした。

周りからある程度受け入れられ、楽をしていても問題なく過ごすことができるように見えていました。

そんなことが羨ましくてしょうがありませんでした。

でも、それを嘆いたところで周りが変わるわけではありませんよね。

だからこそ「やりたいこと」に人生を賭けて挑むか、死んだように生きるか好きな方を選ぶしかないのだと気づきました。

「やりたいこと」を仕事にするなんてそんなに簡単じゃないのは承知しています。

でも「普通に生きる」のも難しいのも4年間で痛感したことです。

自分の中で有るのか無いのかわからない「できる能力」を信じてそれに人生を賭けるのか。

できない自分なりに社会に庇護を求めて生きるか。

それすらできなければ全てを諦めるか。

無理難題だと思います。割に合わない決断には思えます。

でもそのどれかを選ぶしかないんだと僕は思って最終的にこうしてブログを書いています。

 

まずは行動することから

これは納得しない人がいるであろうことを、承知の上で書くのですが。

  • 社会に受け入れられる土台が整っていないことを罵っても
  • 周りから理解が得られないのを理由にふさぎ込んでも

全く意味がありません。

現実は1㎜も動きません。さらに周りも助けの手を出せません。

手を出す場所が、どこにあるのかさえ分からない人もいるとは思うのですが。

僕が以前ブロガーのみやもさんにハイパー人生相談をしていただいたときに、こんなことを言われたことをすごく覚えています。

暗いバカは相手にされない、だから明るいバカになれ

そんなみやもさんは、未経験からラッパーになり、それをすぐにやめて現在は未経験から画家として活動しています。

明るいバカとは、現実の問題を無視して、まずは前向きに行動ができることだと思います。

そんなみやもさんのホームページ「宮森はやとの雑草魂」もぜひ読んでみてください。(ちなみに2018年現在ハイパー人生相談は受け付けていません。)

どうしても明るくなれない人に、明るくなれと簡単には言えないのかもしれません。

当事者の人の中には、家族ともうまくいかず、友人関係もうまく築けていない人も少なくないと思います。

自分から手を出しても受け入れてもらえないこともあったでしょう。

物凄く罵倒されたことも、もしかしたら殴られそうになるくらい怒られたこともあるでしょう。

それでも、行動しない限り努力が認められるなんてことはありません

何もしない人が受け入れられるなんてことはありません。

それは発達障害の有無は関係ありません

ただその認められることも発達障害じゃない人と比べると難しいのは承知しているので、その意味ではやっぱり割に合わないとも思いますが。

それでも受け入れられる努力=愛される努力をすることが大事だと思います。

「愛される」努力が大事

明るいバカというのは言い換えれば愛嬌なのかなと思います。

愛嬌については、先日こんなツイートを見つけました。

これ、本当にその通りだなと思うのです。

上手くいかなかったときも、「愛嬌」のスキルがあれば、うまく切り抜けられたかもしれない場面もありました。

逆に僕なりに人に「助けてもらえる環境」を作れたから、最初の会社で「4年」働くことができたのかなと思う部分もあります。

そのためには、まず助けを求めること。

助けてって言わない限り、助けてはくれません。自分で動く意思を見せない限り人は手を出してくれません。

どうやって、助けを求めたらいいのかわからないかもしれません。

自分の気持ちを、人にうまく説明できないかもしれません。

愛嬌というのは「媚びる」イメージがして好きじゃない人もいるかもしれません。

愛嬌とは媚びることではなく、周りの人に喜んでもらうために努力をすることです。(僕なりの定義です)

下手くそなりに助けを求めることが、「愛嬌」に繋がると思います。

自分なりに感謝を伝える方法を模索したら、感謝の気持ちは拾ってくれる可能性はあります。

まずはその努力だけでもしてみませんか?

スポンサーリンク

社会が変わる努力も必要。でもそれならあなたが変わる努力も必要

結局社会に変わる努力をしろよ!といくら文句を言ってもそれはその人の声は説得力はありません。

なぜならその人の「行動」が伴わないから。

愛される努力をしていないから。

「僕自身も愛されるように努力しながら、生きる努力をします。

だからあなたも、僕が生きやすくなるように協力してくれませんか?」

と言ったほうが説得力もありますし、手を差し出す人も差し出しやすくなるはずですよ。

うまく伝える必要はありません。

伝えようとする気持ちだけ持ってまずはやってみてください。

僕自身そういう人になろうと日々行動しますし、そういう人がもっと増えてほしいと切実に思っています。

自分の行動を改善したい人は、「【自閉症】思考より試行を。自分にとって居心地の環境の作る5つの姿勢」を読んでみてください。

相手の気持ちを理解する努力をしたい人は、「【自閉症】試行錯誤して確実に成長していける3つの実践方法

このブログを書いている人がどんな人なのか知りたい人は、「自閉を武器に明るく生きる!じょーのプロフィール

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です