自閉に生まれて良かった!当事者が思うメリット5つ解説するよ

スポンサードリンク



自閉に生まれて良かった!

マイペースな仕事ぶり

友達の少ない私生活

どうも、自閉ライターのじょーです。

仕事がうまくいかなくて悩む自閉症のみんな!

自分が何をやってもうまくいかないからって、自分から動くのを辞めてしまっていませんか?

じゃあ質問です。

野生のライオンは待ってたらご飯が食べられますか?

食べれない。狩るの♥

 

自閉症のメリットってあるの?

自閉の人は野生で生きる状態にほりこまれていると思っています。望むか望まないかに関わらず

生きていくためにはそのサバイバル環境で何らかの方法で生きていく必要があります。

狩りをするには武器が必要です。ライオンに爪と牙があるように。

ですが自閉症の人の中には武器と言えるようなメリットはないと思う人も少なくありません。

僕自身も自閉症の特性に苦労させられてきたことも事実です。

ですが、それでも僕は自閉症の特性を持っていてよかったと思っています。

そんな僕が、自閉症の特性を持ってて良かった瞬間を紹介します。

 

その1 自分の気持ちに素直でいることを大事にできる。

僕は良くも悪くも自分の感情に正直です。

やりたくないことをやろうとすると、身体が重くなってしまいます。

例えやらなきゃいけないとわかっていても。

無理してやることも出来ますが、身体は正直に反応します。

そして後々必ず悪影響を及ぼします

そのあとの仕事が手につかなくて、集中できずミスしてしまうとか。

だからこそ、自分の心と身体が素直にやりたいと思える状態を作ることをとにかく大切にしています。

やりたくないことをやっているとどんどん思考がネガティブになりますし、成果も大して出ません。

ですがやりたいことをやっていると、ポジティブになれますし成果も少しずつ出るようになってきました。

 

その2 熱量を持って取り組むことが出来る。

一つのことに没頭できる瞬間があります。

周りに話しかけられても全く気付かず、延々と没頭することもあります。

それを過集中と呼んだりもします。一々業界用語みたいなのを使うのは好きじゃないのであまり使いませんが

僕も集中しているときはライティングスピードもかなり速くなりますし、分析も言葉の選び方も全然レベルが変わります。(自己満足だったらどうしよう)

ですがあくまで軽度なのでもっと没頭できる人を見ると凄いな……と普通に思います。

もっとうまく活用したいなと思いながら日々試行錯誤中です。

 

その3 こだわりを深められる。

自閉症の人は関心のある物事には深く深く入り込めます。

特定の分野に鋭い感覚を持っている人がいます。特定の分野に優れた才能を発揮する人はそれを生かせている事例ですね。

ときに聴覚や視覚が過剰に反応する感覚過敏となることもあるのですが。

では僕はと言うと、人の気持ちが動く瞬間に強い関心を向けています

自分の心も、人の心も。

それで「感動しました」とか「勇気を貰えました」とか言ってもらえるとしめしめ……なんて思ったりしています。笑

相手の心を動かしてやったぜみたいな偉そうな気持ちになります。

たまにざまあみろとか思っています。笑

その瞬間こそが僕の基本的な仕事へのモチベーションです。

正直に言いますが、言葉だけじゃ物足りない。

より深く、より大きく動かしたい。

あのときの言葉で人生が変わったよ」っていうくらい深く。

僕は結構強欲です。わがままです。

でもそれで幸せになれる人がいるなら悪いことじゃないですよね?

定量化するのが難しい目標ですが、僕の書くすべてはここにつながっています。

 

その4 身体が正直な分、自分と丁寧に向き合える。

とにかく身体も心も正直なので扱いに苦労します

やらなきゃなんて思っていても身体が重いとやりたくなくなったりしますし、

自己暗示して無理やりモチベーションを上げるのも本気でやりたくないことに対しては効果がありません。(やりたいことに取り組むときにはきちんと効果があります)

でも逆にそれに気づいてしまえばメリットがあります。

身体が正直に反応する分自分が何を感じているかわかりやすいんです。

そのことに気づいてからは自分の感情を知りたいときには身体の動きに敏感になればいいと気が付きました。

嫌なことがあればあからさまに嫌な顔しますし、怒られそうと構えているときは肩に力がフルパワーで入っています。

僕は今まで自分の感情にそこまで敏感じゃありませんでしたが、今では自分の感情を他の人よりもかなり正確に把握できている自信があります。

そこまで正確に自分を理解できないと自分の仕事がうまくいかないからです

試行錯誤を重ねて、都度都度自分がどう感じてなぜそういう行動をしたのか丁寧に考えてきました。

こちらもよければ参考にどうぞ。

【自閉症】試行錯誤して確実に成長していける3つの実践方法

自閉症の人がうまくいかないのは、ほとんどの場合自己理解が十分じゃないからだと思っています。

自閉症の人にとって自己理解が苦手なのは間違いないですが、やり方さえ理解できれば全然不可能ではありません。

 

その5 人の痛みに敏感になれる

僕は自分の特性をうまく生かせず苦労してきました。

僕は自分がされて嫌だったことを人にしないように気を付けています。

なのに自閉症の特性に振り回され、その過程で散々人を怒らせ傷つけてきました。

でもその全てを自分の糧にしようと苦心してきました。

だからこそ相手がどう感じるかも見えるようになってきたと思います。

特に悩みや傷ついたときには敏感です。僕が傷つくのに敏感だからね。

 

メリットは自分で作るもの。

ここまで読んでくれたみんな!

そんなの無理やりデメリットをこじつけただけじゃないか

なんて思っていませんか?

 

 

その通り。見方を変えただけ♥

 

 

物事の良しあしを判断しているのは社会じゃなくて自分です。

今あげたものは見方を変えればデメリットでもあります。

また自閉症の全員に当てはまるものでもありません

あくまで僕が自閉症の特性を活かして感じられるメリットです。

敢えて言うならこのメリットは自閉症の特性である過集中と感覚過敏を軸にしています。

それをメリットに出来るかどうかだと思っています。

デメリットだと思われたものをメリットと呼べるまでのものにできるまで、試行錯誤してきただけです。

特にその4と5のメリットは試行錯誤してきたからこそ生まれたものです。

僕に出来てあなたに出来ないわけがない。

 

メリットだと思えば、行動は変化する。

あなたのものの見方は必ず自分の行動に反映されます

デメリットだと思っていたら、行動が後ろ向きになりやる気なさそうに映ります。

メリットだと思っていれば、前向きになりますし行動も一生懸命に映ります。

見方を変えて頑張ってもどのみち怒られるかもしれません。

でも一生懸命さはわかる人にはわかります。絶対とはいえませんが。

でも、周りから受け入れられている人は必ず前向きに仕事をしています

行動することを放棄した人に差し出せる手はありません。

そして物事の捉え方を変えれば行動は変わります

だからまずは見方を変えてみませんか?

一緒に頑張っていきましょうね。

ではでは!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です