【自閉症】試行錯誤して確実に成長していける3つの実践方法

スポンサードリンク



軽度自閉症のライターのじょーです。

新卒で社会に出てから自閉症の診断を受ける前の5年間試行錯誤し続けてきました。

例え人より遅くても確実に成長するための方法をずっと模索してきました。

そうして行く中で以前よりは確実に成果を出してアルバイト程度なら就業可能になりました。

やみくもに頑張ったというわけではありません。

そうやって自分なりに試行錯誤していく中で見つけた方法論があります

僕が今現在も活用している業務改善フローを公開したいと思います。

発達障害の人が陥りやすい問題点。

発達障害の人が陥りやすい問題には次のようなものがあります。

1. あいまいな表現や指示をうまく飲み込めない

2.指示待ち人間になりがち

3.空気が読めず、人を傷つけることを意図せずに言ってしまう

4. 相手との距離感がつかみにくい

5.社交辞令が通じにくく、言葉を文字通り受け取ってしまう

6.細部にこだわりすぎて仕事が進まない

7.急な予定変更に対応できない

8.仕事に優先順位をつけられない

9.デスクが整頓できない

10.人の顔をなかなか覚えられない

引用元:https://h-navi.jp/column/article/35025719

膨大にあげられますがこれを自閉症の人たち、僕を含めてこの問題を解決するために悪戦苦闘します。

しかもうまくいかないことが多いです。

参考:http://story-searcher.com/hattatshurpg/

僕自身これが改善しないのはなんでなのか試行錯誤しながらずっと考え続けてきました。

自閉症だからなんて言われても納得はできません。

ここである仮説にたどり着きました。

成長できていないのは改善までのイメージがうまくいかないからじゃないか? ということです。

自閉症の人の業務改善がなかなかうまくいかないのは、自分の具体的な行動にまで落とし込めないから

業務改善がなかなか思うように進まない理由とはなんなのか?

自分なりにある答えにたどり着きました。

反省するということが他の人に比べてあまりうまくできていないからじゃないか?

という仮説を立てました。

スラムダンクで桜木花道がシュート練習の際に自分のシュートフォームを動画にとって練習していました。

それを自分で見て振り返りながら成長していきました。

自閉症の人はそうではなくて自分がどう見えているか、わからない状態になっている。

だからどう改善したらいいか具体的な手順がわからない

僕ら自閉症の人たちは曖昧な物事を理解することが苦手です。

目に見えないものを理解することが苦手です。

行動の手順や相手の気持ち、自分の気持ちを理解することが苦手です。

だからその見えない気持ちを見える化させればいいんじゃないか?

という結論に行き当たりました。

そこに気づいてから僕自身を実験台にしてずっと試行錯誤してきました。ミスを少しずつではありますが、確実に減らすことが出来ます。

なぜミスをするのか理由が分かったことで新しい仮説を建てられるので、ほんのちょっとでも成長を実感できました。

そうしていく中でちょっとだけ自分に自信がついていきました。

僕以外の人間が実践しても再現性はあるんじゃないかなと思っています。

ただしそんなにすぐ成果は出ません

うさぎとかめのかめのように周りと比べてあまりうまくいかないことにイライラすることもあるかもしれません。

でも周りと比べるより、自分が前より一歩進めたかどうかを大事にしてください

一歩進めたならそれは確実に成長ですから。

見えないものを見える化する手順

多くの自閉症の人の場合、具体的にイメージできていないものを理解するのが苦手です。

言葉の意味は理解できてもそれを自分の行動イメージに置き換えることが出来ないこともあります。

ですが、それに悲観する必要はありません。少しずつ少しずつ継続していくことで確実にイメージ力がついていきます。

そのイメージする力を少しずつつけていけば業務を自分で改善していくことが可能になります。

そう思うとちょっとだけワクワクしませんか?

大まかにいうとそのために必要なのは次の3つです。

  • 書き出す。
  • 相手から直接聞く
  • 自分の気持ちを知る

一つ一つ説明していきますね。

①日記をつける

あるいは仕事っぽく言うなら日報と言ってもいいかもしれません。そうした方がちょっとそれっぽくてテンションが上がりませんか?

まぁそれはさておき。

ここで大事なことはどんな行動をして、どんな失敗(成功)をして、結果どんな気持ちになったか、なるべく正確に思い出すということです。

いくら頭で考えても出てこないかもしれません。そうやって具体的なイメージを持って思い出すのが苦手なのは承知していますから。

必ずしも文字である必要はありません。自分のやったことをなるべく正確に思い出せるならイラストでも構いません。

僕の場合は文字を手で書くのが好きなのでこの形でやることにこだわっています。

手帳を1日1ページのものにして好きなように書き連ねました。

その点で一番お勧めなのはほぼ日手帳です。

自由度が高いので少々方にはめられるのが窮屈な人に抜群の扱いやすさ。

1日1ページでたっぷりと容量があるので好きなように書きやすいのもメリットです。

②相手の気持ちどう感じているかを聞く

次に意識するのは相手の気持ちをなるべく正確に理解することです。

とは言っても、自閉症の人にとってこれこそ苦手なことだと思います。

どう伝えたらいいかわからないかもしれません。

話を聞いても理解できないかもしれません。

ただ自分がなぜそうしたいのか素直な気持ちを伝えるのが一番いいかなと思います。

「自分が相手の気持ちが理解するのが苦手だから、些細なことでもフィードバックしてほしい」

そんな感じでしょうか。確かに勇気のいる言葉ではあります。

苦手だからやらないというのも一つ手段としてはアリなのかもしれません。

でも相手の気持ちが全く理解できないまま怒らせるのが辛い、という僕みたいな人にとってはそれは「まぁいいか」で済ませていいことでもありません。

もし相手に自分の気持ちが理解してもらえそうになかったら

そうやって言葉を自分なりに尽くしても相手に上手く伝わらないことはあるでしょう。

逆に怒られてしまうこともあります。

正直自分の気持ちを素直に伝えるのは凄く勇気が要ります。

それなのに受け入れてもらえないことも少なからずあります。

相手からしてもそんなに簡単に理解してもらえる問題でもないからです。

それなら違う人に相談しましょう。

もし誰に言っても解決しそうにないなら、自分の理解してもらえる場所を探すというのも一つ選択肢です。

転職を視野に入れてもいいかもしれません。

ただし一つだけ注意事項です。

誰にも言ってみてもいないのにそれを検討するのはNGです

どんな結果になるかなんてやってみないとわかりません。

その試行錯誤を繰り返していくうちに話を理解してくれる人とそうじゃない人を理解できてきます。

でも実践した経験もないならその判断をすべきではありません。

③自分の気持ちを理解する。

そうやって日記に自分のことを書いていると、自分の感情を意外に理解できていないことにおそらく気がついていきます。

自分がやったことの理由が自分自身でもよくわからなくなることもありました。

でもそれは僕の中の「怒られたくない」という恐怖心や、「早く終わらせなきゃ」という焦りが自分の中の行動動機に強く働きかけていることに気づいていなかったからでした。

自分がもう少し論理的に行動できるはずだという思い込みがそのことに気づきにくくしていました。

そう考えると、僕は自分の感情とうまく向き合えていなかったんだってそのとき気づきました。

ではその自分の気持ちに気づけるようになるための2つの方法を紹介します。

気持ちを書き出す。

先ほども触れたので簡単に。

でも大事なのは自問自答すること。なんでなんだろう?

自分が動揺したらそれはどうしてなのか。

もしかすると、自分が動揺していたことに自分で気づいていないことだってあります。

その場合もまずは自分の感情を自分の目に見える形に落とし込んでください。

瞑想・マインドフルネスをしてみよう

自分の気持ちを把握する中で有効な方法だと思っています。

僕の場合自分の感情をうまく制御できない場合があるので、そう言ったときに瞑想は効果的でした。

とはいえ即効性は高くないので、半年1年以上ゆっくり経過をみながらやってみるのをお勧めします。

最後の最後は前向きさ

この方法は試行錯誤を前提としています

だから即効性があるわけじゃありませんし、むしろ怒られることもたくさんあります。

ですがそれで嫌にならないでほしいなと思うのです。

怒られ続けていても自分の成長を楽しんでほしいなと思います。

とはいえ、ずっと怒られ続けるだけだと嫌になる気持ちもわかります。

ただ、前向きに取り組んでいる人には手を差し出しやすくなるものです

後ろ向きになっている人には困っていても手を出しづらいんです。

前向きになれとはいえませんが、この記事が前向きになる一つのきっかけになったら嬉しいです。

ではでは!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です