【発達障害】「常識」を押し付ける人とは距離を置くべき理由と3つの対処法

自閉症を武器に明るく生きる方法を模索中のライターじょーです。

「常識から考えてありえないでしょ」
そう言われて、どうしたらいいかわからなくなったことありませんか?

僕は「常識」を相手に押し付ける人が、仕事・プライベート両面で相手にしたくないと思っています。
なぜなら、自分にとっても相手にとっても、不愉快な思いをするからです。

そういう人と話すのは本当に百害あって一利なしだと思っています。
相手のためにも。

もし、発達障害や仮にそうでない人も常識を押し付ける人と距離をおくべき理由と対処法について書いていきます。

スポンサーリンク

まず、常識ってなに?

常識はコトバンクによると、以下のように定義されています。

普通人が社会生活を営むためにもち,またもつべき意見,行動様式の総体をいう。

これは経験の集積からなることが多く,時代や場所や階層が異なれば通用しないものもあり,多分に相対的なものである。

引用元:コトバンク

ここで僕が気をつけるべきだと思うのは、健常者の常識と、発達障害を抱えている人の常識は必ずズレがあること。

発達障害の人と健常者の人の経験の集積は全く異なっているため、常識も異なります。
発達障害の人が、「これは常識だろ!」なんて怒られると困るのは、それが常識だと思っていなかったからです。

歩み寄って自分と相手の常識のズレがどこにあるのか理解できないと、同じことを繰り返します。

これを続けるのは自分にとってもその相手にとってもよい結果にはならないことが多い、というのが僕の実感です。
では次に常識を押し付ける人と付き合うべきではない理由を見ていきましょう。

常識を押し付ける人と付き合うべきではない3つの理由

発達障害の人にとって、症状の軽度か重度かに関わらず、常識を押し付ける人とは付き合うべきではないと僕が思う理由が3つあります。

  • 自分が成長できないから
  • ストレスをためてしまいがちになるから
  • 二次障害になると、社会活動が困難になるから

理由①:問題点がわからなくなり、自分が成長できないから

常識を押し付ける人と一緒にいると、問題がどこにあるのかわからなくなり、自分が成長できなくなってしまいます。

というのも、常識を押し付ける人は、自分が正しいと信じている人が多いからです。
自分が正しいと思っている状態でいると、相手のことを考えず、十分に説明しようとはしません。

「なんでこんな常識的なことができないんだ!」
「こんな常識的なことまでいちいち説明しない!」

こんなことを言われてしまうと、結局相手がどうしてそのことが常識だと考えているのかわかりません。

もっとよくないのは、それが多くの人にとって本当に常識かどうかわからないことです。
仮にその人の言う通りにして、別の人から「その行動は常識的にありえない」と言われたらどうしますか?

どうしたらいいかわからなくなりますよね。(僕はそれに近い体験をしたことがあります)

どこに問題があるかわからないので、何を改善したらいいのかわからず混乱してしまいます。
その結果同じことの繰り返しが起きてしまいます。

相手が言う「常識」がどんなものなのか、きちんと説明できる人は意外と多くありません。
その常識をきちんと説明してくれる人であれば、少なくとも「どうしてその行動はしてはいけないのか」については理解できるようになります。

そうすればうまく行くかどうかは別として、同じ行動はして失敗する可能性は少なくなります。(反射的にしてしまう人はいるかもなので絶対とは言えませんが)

理由②:ストレスをためてしまいがちになるから

常識を押し付ける人と一緒にい続けると、以下の理由でストレスがたまりがちになります。

  • 自分の成長が実感できず、同じミスを繰り返してしまうから
  • 同じことで何回も怒られてしまうから
  • はけ口がない人も中にはいるから

で怒られ続けることでストレスはたまります。
さらに、常識を押し付ける人は、「自分が正しくて、あなたが悪い!ということを強調することが多いです。

例えそれが本当に正しいと思えたとしても、あまりいいこととは言えません。
「あの人が正しくて自分がだめだから悪い」と自分で思ってしまうと、危険信号です。

自分のことが嫌いになって、逃げ道がなくなってしまいます。
自分の成長にもそれほど繋がらないため、その傾向は加速します。

その積み重ねでうつなどの二次障害になると、より問題が複雑になってしまいますよ。

理由③:二次障害になると、社会活動が困難になるから

  • 仕事がうまくいかない
  • 成長できていない
  • 周りから評価されず怒られてばかり

そんな状態が進んだ結果、うつ病などの二次障害に発展してしまうことがあります。

何をしても怒られるから、何もしたくない、そんなトラウマを抱えてしまう可能性だって0ではありません。

そうなると、行動することそのものが難しくなってしまいます。
そうなってしまうと、専門家の助けなしで進むことが極めて困難になります。

常識を押し付ける人に対してどう対処したらいいの?

「結局常識を押し付ける人に対してどう対処するべきなの?」
そう思っている人も多いのではないでしょうか。

  • 距離を置きたいけれど、立場上難しい
  • 「お前のためを思って言ってるんだ」と言われるとなかなか手を払いにくい
  • 会社の先輩やお世話になっている人で言いにくい

そんな理由からなかなかうまく距離を置けない人もいますよね。
確かにそんなときにうまく対処できない気持ちはよくわかります。

そんな人に具体的な対処法が3つあります。

  1. 自分の気持ちを素直に伝える勇気をもつ
  2. うまく相手との間に立てる人を味方につける
  3. それが無理なら逃げる準備を

①:自分の気持ちを素直に伝える勇気をもつ

「こう言うことはしないで欲しい」
「迷惑なので言わないで欲しい」

そう言える勇気を持ちましょう。

正直そう言うことを言うのは苦手、と言う人もいるかもしれません。
「自分のことを思ってくれる相手をそんな言葉で傷つけるのは申し訳ない」

そう考えたくなる気持ちもわかります。
僕自身もそうやって振舞っていた時期もありました。

そもそも相手のことを思って言ってくれる人は常識を押し付けたりしません

また本当に相手のことを思っているなら、そんな言葉こそ口に出した方がよいです。
というのも、そうやって飲み込んでしまう言葉こそ相手が求めている言葉である可能性があるからです。

本当にあなたのためを思って言ってくれる人は「あなたにどう伝わっているか」を気にしています。
そんな人にであれば、あなたが本心を言っていないことは、ほとんどの場合バレバレです。

「お前のためだと思って言っているのにそんなことをいうなんて恩知らずだ」
という人もいるかもしれませんが、そんなことをいう人の場合ははっきり言って相手にする必要がありません。

なぜならそう言う人はあなたのためではなく自分の承認欲求を満たすために言っていることが多いからです。
「あなたのアドバイスで助かりました」
そんな感謝の言葉が欲しいだけです。

あなたのことを思ってくれている人であれば、その行為を無下にしないために

常識を押し付けて相手から感謝を求めている人なら、そんな人にあなたが潰されないために

あなたの感じている正直な気持ちを伝えて欲しいと僕は思います。

②:うまく相手との間に立てる人を味方につける

「ちょっと自分で言う勇気が出ない」
「でもできればそんな人とうまく距離を置きたい」

そう考える人もいるかもしれません。

もしそうなら常識を押しつける人から距離を置くために、自分の味方をつけることが必要です。

常識を押し付ける人が上司なら配属をなんとか変えてもらう

同期や同僚なら、その人からうまく距離を置ける人を味方につけて間に立ってもらう

「そんなこと難しいよ」
と言う人も多いかと思います。

正直僕にとっても難しいです。

だからできる人も少ないと思いますが、自分で思いを伝えずに行動する場合や、自分で伝えるだけでは何とかできなかった人は、この方法で対応できないかやってみましょう。

それが無理なら、次に説明する3つ目の手段の実行を検討してみてください。

③:それが無理なら逃げる準備を

「自分の気持ちを伝えるのは怖い」
「伝えても状況が変わらなかった」
「自分の味方になってくれる人を見つけるのは難しい」

それでも、常識を押し付ける人から距離を置きたいのであれば、手段は問いません。

逃げましょう。

  • 部署の配置換えを希望する
  • 会社を退職する

決断としては重いですが、この方法がおすすめです。
それができないなら、あなたが自分の気持ちを押し殺してその常識を押し付ける人と付き合い続けるしかありません。

「もっとうまくやれる方法はないの?」
「それだけのためにそんなリスクを負いたくない」

もしかしてそう考えている人もいるかもしれません。

もしそうなら言わせていただきます。

リスクを取らないで何かを変えようなんて自分本位のエゴです。
何の行動も取らないのに無理のない範囲でやれないかなんてわがままでしかありません。

常識を押し付ける人と距離を置きたいとか、そんな環境から脱却したいとか、何かをやりたい気持ちがあるなら、そのために嫌なこと・リスクのあることでもやる勇気を持ってください。

その行動の結果、起きることを自分の責任として負う覚悟をおってください。
それができないなら、何かしたいなんて言うべきではありません

もちろん逃げたからって、その後がうまくいかないこともあります。
「やらなきゃよかった」
なんて思ってしまうこともあるかもしれません。

それでも、自分が勇気を出してできた行動はとてもすごいことなんです。
厳しいことを書いているように見えるかもしれません。
でも勇気を振り絞ることがどれだけ大変か、嫌なことをやるのがどれだけ辛いか、その気持ちはわかるつもりです。

その勇気を出して行動を繰り返して続けていく、それが常識を押し付ける人から離れて付き合うためには必要な勇気だと思いますよ。

勇気を振り絞ってみませんか?

スポンサーリンク

常識を押し付ける人とはうまく距離を置こう

今回は常識を押し付ける人からどうして距離を置いたほうがいい理由をお伝えしました。

常識を押し付けてしまう人からなぜ距離をおいた方がいいのか、どう対処したらいいのか、少しでも掴めたのではないでしょうか。

不格好でもあなたが常識を押し付ける人から距離をおくための行動のヒントになれば幸いです。
まずは勇気を持って相手にその趣旨を伝えることからはじめてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です