【発達障害】「常識」を押し付ける人から距離を置くべき3つの理由

f:id:y-j-etoile:20170516184127j:image

自閉症を武器に明るく生きる方法を模索し続けています。

ライターのじょーです。

「常識から考えてありえないでしょ」

なんて言われて、どうしたらいいかわからなくなったことありませんか?

僕は「常識」を相手に押し付ける人が、仕事・プライベート両面で嫌いです。

なぜなら、自分にとっても相手にとっても、不愉快な思いをするからです。

そういう人と話すのは本当に百害あって一利なしだと思っています。相手のためにも。

もし、発達障害や仮にそうでない人もそういう人とはなるべく距離を置くようにすると、楽になるんじゃないかなって思います。

その理由について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

常識を押し付ける人と付き合うべきではない3つの理由

発達障害の人にとって、症状の軽度か重度かに関わらず、常識を押し付ける人とは付き合うべきではありません。

それには理由が3つあります。

  1. 自分が成長できないから
  2. ストレスをためてしまいがちになるから
  3. 二次障害になると、社会活動が困難になるから

です。

 

まず、常識ってなに?

常識っていったいなんなんでしょうか。

普通人が社会生活を営むためにもち,またもつべき意見,行動様式の総体をいう。

これは経験の集積からなることが多く,時代や場所や階層が異なれば通用しないものもあり,多分に相対的なものである。

引用元:コトバンク

という定義がされています。

ここで、気をつけるべきなのは、健常者の常識と、発達障害を抱えている人の常識は必ずズレがあること。

発達障害の人と健常者の人の経験の集積は全く異なっているため、常識も異なります。

発達障害の人が、「これは常識だろ!」なんて怒られると困るのは、それが常識だと思っていなかったからです。

歩み寄って自分と相手の常識のズレがどこにあるのか理解できないと、同じことを繰り返します。

だからこそ、常識を押し付ける人とは距離を置かないと大変なことになってしまいます。

その理由を次に詳しく見ていきましょう。

 

理由①:自分が成長できないから

常識を押し付ける人と一緒にいると、自分が成長できなくなってしまいます。

というのも、常識を押し付ける人は、自分が正しいと信じている人が多いからです。

自分が正しいと思っている状態でいると、相手のことを考えず、十分に説明しようとはしません。

そうなると、お互いの持っている常識のどこにズレがあるのかわからなくなります。

常識のズレがどこにあるのかわからないと、どこに問題があるかわからないので、同じことの繰り返しが起きてしまいます。

その結果、自分が成長する機会が失われてしまいます。

 

理由②:ストレスをためてしまいがちになるから

常識を押し付ける人と一緒にい続けると、ストレスがたまりがちになります。

その理由は、

  • 自分の成長が実感できず、同じミスを繰り返してしまうから
  • 同じことで何回も怒られてしまうから
  • はけ口がない人も中にはいるから

です。怒られ続けることでストレスはたまります。

さらに、常識を押し付ける人は、「自分が正しくて、あなたが悪い!ということを強調することが多いです。

「自分が悪い」と思ってしまうと、自分のことが嫌いになってきますし、何より逃げ道がなくなってしまいます。

そうなって二次障害になると、より問題が複雑になってしまいます。

 

理由③:二次障害になると、社会活動が困難になるから

発達障害の人が二次障害になると、問題の解決がより困難になります。

  • 仕事がうまくいかない
  • 成長できていない
  • 周りから評価されず怒られてばかり

そんな状態が進んだ結果、うつ病などの二次障害に発展してしまうことがあります。

何をしても怒られるから、何もしたくない、そんなトラウマを抱えてしまう可能性だって0ではありません。

そうなると、行動することそのものが難しくなってしまいます。

そうなってしまうと、専門家の助けなしで進むことが極めて困難になります。

スポンサーリンク

常識を押し付ける人とはうまく距離を置こう

今回は常識を押し付ける人からどうして距離を置いたほうがいい理由をお伝えしました。

常識を押し付ける人と一緒にいると、自分のためには一切なりません。

いい結果になりませんし、自分も成長できません。

二次障害になったらデメリットとが非常に大きいです。

そうなる前に、距離を置いて、心の健康を自分で守ってくださいね。

 

自閉を武器に明るく生きる!じょーのプロフィール」はこちら

相手の常識を理解する姿勢を大切にしたい人は、「【自閉症】思考より試行を。自分にとって居心地の環境の作る5つの姿勢」をぜひ読んで見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です