マインドフルネスはスピリチュアルだけのものじゃない

スポンサードリンク



マインドフルネスはスピリチュアルだけのものじゃない。

これは個人的に前々から感じていることで。

googleが取り入れてることも、多くの企業も取り入れているのも科学的な根拠があるからで。

ただ科学的な根拠ももちろんあるけれど、個人的にはスピリチュアルと無関係とも言い切れない。

そこの議論は一度置いておいて。

個人的にすごく思うのはマインドフルネスとか瞑想とか、禅っていうと宗教色が強かったり、ちょっとスピリチュアルな響きがして抵抗があったり、そういう人は少なからずいると思う。

だから、そうじゃないんだよといいたい。

忙しくしている社会人が、ちょっと息抜きに温泉行こうかとか

マッサージを受けたりとか

旅行にいってのんびりしようかとか

映画館に行こうとか

美味しいものを食べたりとか

そういうものもマインドフルネスの一部じゃないかなと思うんだ。

そこにいく動機によっては違うかもしれないけれど、

お風呂に入って良い気持ちになるのも

旅行にいって景色や体験をすることも

美味しいものを噛み締めることも

感動する映画で心動かされたりすることも

こういった体験に心を研ぎ澄ませることが、マインドフルネスの一部なんじゃないかなと

そう思うと、googleのお偉い人たちのものじゃなくて、スピリチュアルな人たちがやるだけのものじゃなくて。

もっと普通の人が普通にやって良いものだと思うんだ。

僕自身スピリチュアルな人じゃないし、宗教的な考え方も無宗教に近いです。

だから、もっと身近にやれるものになったら良いのになぁというのが、今思っていること。

そのために自分が勉強し発信すること。

そして、人に教えられるくらいのものを身につけること。

まだまだ試行錯誤の繰り返しだけれども、動いて行こうと思う。

ちょっとした疑問大歓迎です。

わからないことでも調べます。

ちょっとお高くて高尚な人たちには聞きづらくても、少なくとも僕はその点では普通の人です。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です