【自閉症】思考より試行を。自分にとって居心地の環境の作る5つの姿勢

スポンサードリンク



軽度の自閉症を武器に明るく生きるライターのじょーです。

自閉症の人は感情のコントロールをするのが苦手な人が多いです。

僕もそうです。

無理やり押さえつけるだけならなんとか出来ますが、そうしていると全然集中できません。

仕事なんかをしていると、さっぱりうまくいきません。

怒られることも多いです。

不快な場所にい続けるだけでも、集中力はそがれます。

ではどうしたらその場所の不快度を軽減できるでしょうか

不快ポイントを見つけだせ

多くの場合

例えばちょっとペンを取る場合だけでも

・机の上のペン立てからとる。

・引き出しの奥にあるペンを出す。

極端ですが、ちょっとした動線の違いでモチベーションに大きな差があるなとも感じています。少なくとも僕にとっては。

まず、自分がちょっとしたことの中でも不快に思うポイントは何か気づくことがポイントです。

他の人にとっては当たり前でも、見えにくい感情は自分たちにとって気を配って観察するべきポイントです。

めんどくさいを排除しよう

先ほどのペン立ての例で説明します。

ペン立てを置いたら今度は近くにあるファイルを取り出しにくくなったとします。

そういったちょっとしたことでも様々な要因が絡むと、どの形が最善なのかわからなくなることもあります。

多分自閉症の当事者の人でもちょっとめんどくさいなと思った人もいるかもしれません。

そういったことを考えるのが苦手な分人よりエネルギーを使いますし、その割に成果が出にくい部分かもしれません。

検討するのが苦手ならまずは試してみるといいでしょう。

最善とはいいがたい結果になるでしょうが、失敗しても自分の中に小さな失敗の蓄積ができます

自閉症の当事者にとって曖昧なことを考えるのが不得意なら、いっそ失敗してもいいからやってみて具体的なデータを集めるほうが成長スピードが速かったりします

思考より試行を。ときにお粗末な結果にもなる場合もあります。

どんな作業もなるべく早く終わらせられるならその方がベター。

他のことはめんどくさがってもいいですが、考えることと実行することだけはめんどくさがらないでください。

やらないよりはずっとずっといいですよ。

快楽ポイントを見つけ出せ

どういう状態が自分にとって居場所がいい状態か、やりたいことが出来ている状態でいると楽です。

当たり前だろっていう人もいるでしょう。

でも、さっきも書きましたが見えてないものを感じられる習慣がついていない自閉症の当事者の人は少なからずいると思います。

本当に大事なので何回でも書きますが、まず「自分が何を感じているか」を常々意識してみて下さい。

ちょっとしたことでも試行錯誤

ちょっとしたことでも、意識的に行っているかそうではないかで変わります。

僕の場合ちょっと物を動かすときも無自覚に動かしていることがあります。

そうすると、「なんでこうしたのか」目的が自分でもさっぱりわからないことがあります。恐らく何らかの邪魔になったんだろうとは思うのですが。

無意識だと何なのかすら思い出せないこともあります。

これ本当に気を付けて減らしていかないと、いくら試しても改善しないので要注意。

僕は多分100回くらいやり続けてミスしてようやく気が付いたような気がします。

非常にもったいないですし、とにかく気を付けましょう。

日々、ゆっくりでいいんです。

自分でどんな目的だったのか説明できる「意識ある行動」を積み重ねましょう

気づきと試行が未来を変える。

気づきと試行錯誤の習慣がつくと楽になります。

不快ポイントを一つ解決したら、これまで気づかなかった新しい不快ポイントに気づきます。それを解決する、の繰り返し。

最初はあまり実感がないかもしれませんが、その積み重ねで出来ることが確実にこれまでより増えているはずです。

本当にくどいと思いますが、自己分析と反省、試行錯誤が肝だと思っています。

徹底して妥協しないならフリーランスが一番お勧め。

不快ポイントを徹底すると、あるとき会社を辞めて自由に生きたほうがいいんじゃないかと思うタイミングがあります。

どこまでの環境を自分が求めているかにもよりますが、そこまで試行錯誤してこれた人にとってフリーランスはあなたの人生をより豊かにするための選択肢の一つになるはずです。

自然にそう思えたのならフリーランスを本気で検討してみてみる価値はあります。

実際、そこまで試行錯誤できるの立派に能力と言っていいものです。

だってそんなに努力してこれる人は世の中に決して多くはいません

結果の出る出ていないに関わらずです。

そしてその試行錯誤が出来ることがフリーランスとして生きるための必要要素の一つですから。

もしそう思ったのなら、こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

発達障害の人がフリーランスになるには?そのために大切な4つの能力

またどうしたいかお悩みになった場合はゆるめの相談室も解説していますよ。

じょーのゆるめ相談室のご案内。

ではでは!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です